Q:
私は親からの借金を相続をしました。

少し払えそうではないので、任意整理をした方がよいでしょうか?

A:
任意整理ではなく相続放棄を目指すべきでしょう。

後述のように期間制限があるので一刻も早く専門家に相談をしましょう。

親の借金を相続したら債務整理しなければならないのか

親が借金をしていた状態で亡くなってしまった場合には、借金は相続される事になります。

その時に支払いができない場合に任意整理を検討される方も多いのですが、期間が許す場合には「相続放棄」をすべきです。

相続放棄って何?

相続放棄というのは、相続をしません!という選択をする事の事をいいます。

相続に関する民法の規定がこれを認めています。

相続放棄はどうやってやるの?

家庭裁判所に対して申告をすることで行います。

相続放棄をやるにあたっての条件は?

様々な条件があるのですが、相続の開始(亡くなったとき)をしってから3か月

相続放棄は一人でできませんか?

できなくはないですが、できれば弁護士司法書士に依頼するほうがいいです。

相続をする・しないの判断をできれば相談だけでもして聞いたほうがよいです。

相続放棄をするのか任意整理をするのかの判断材料

基本的には相続放棄をすべきなのですが、次のような場合には相続放棄はすべきではない…とかできない…という事にもなるので気を付けましょう。

相続開始を知ってから3か月以上たっている場合

基本的には相続放棄ができるのは3か月以内です。

これを過ぎている場合でも例外的に相続放棄をできる場合もありますが、上申書などの書類をそろえる必要があり、100%通るというわけでもありません。

相続したい財産がある(不動産など)

相続財産の中に自宅のような不動産があり、それだけ相続をして借金だけ相続放棄する…という事はできません。

ですので自宅の土地建物を維持したい…というような希望がある場合には相続を受け入れて、借金任意整理するなどの必要がでてきます。

財産の一部に手をつけた

たとえば預金を引き出してすでに使ってしまったというような場合には、相続放棄ができない事になります。

まとめ

借金を相続してしまったような場合に、どうすればいいかについてお伝えしました。

基本的には相続放棄をすべきなのですが、任意整理等の債務整理手段にでるべき場合もありますので、できる限り債務整理に強い弁護士司法書士に依頼するようにしましょう。



あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す


北海道・東北
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県群馬県栃木県

北陸・甲信越
新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県

東海
岐阜県愛知県三重県

近畿
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

中国・四国
鳥取県岡山県広島県山口県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄
福岡県佐賀県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県


このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る