借金を軽くする手続きである債務整理でも費用はかかります。

ここでは、弁護士司法書士に払う費用も含めて債務整理にかかる費用についてお伝えします。

任意整理自己破産個人再生・過払い金請求に共通してかかる「相談料」

債務整理の手続きはおおまかに・「任意整理」・「自己破産」・「個人再生」・「過払い金請求」にわかれます。

どの手続きがあなたに最適なのかは相談をしてみなければわかりません。

ですのでまずは相談をするのにも費用がかかります。

相談料の相場

相談料の相場としては、弁護士司法書士に対して30分5,000円程度の相談料を払うのが通常です。

債務整理の相談には債務の状況・家計の状況などを聴取した上で方針を検討するため、1時間程度の時間が必要ですので、1万円くらいの費用負担が必要になります。

相談料を安くする方法

払うお金がないから借金を整理しようとしているのに、1時間話すのに1万円も費用負担できないよ!という声が聞こえてきそうです。

この費用の負担を安くするためには、法テラスや市区町村の法律相談、弁護士会・司法書士会の無料の法律相談を利用する手がありますが、正直どんな弁護士司法書士にあたるかは運の要素があるのでお勧めはしていません。

ですので、このページの下のほうで、債務整理専門の弁護士司法書士をご紹介しています。

彼らは債務整理をしなければならない状況が相談をしやすいように、相談料を無料にしている事がほとんどですので、いろんな人の意見を集めてみましょう。

任意整理の費用負担

任意整理にかかる費用についてはどのような費用があるのでしょうか。

着手金

弁護士司法書士が案件に取り掛かるために必要な費用の負担をいいます。

案件に取り掛かるだけで発生する費用負担なので、こちらはたとえば途中でキャンセルしたとしても返ってくるものではない事に注意が必要です。

相場としては1件(1債権者)あたり、2万~5万円というところがほとんどです。

解決報酬金

弁護士司法書士が案件を和解に導くと、その弁護士司法書士に払う固定の金額をいいます。

取っている法律事務所・司法書士事務所では1件につき1万円程度が相場になります。この金額の負担をしていない事務所も多く見受けられます。

減額報酬

借金の減額に成功した場合に支払う報酬の事をいいます。

利息制限法以上の借入があった場合や、多額の遅延損害金の請求をされたいた場合には、債権者が主張する金額よりも実際の和解額が減額される事があります。

その場合に債権者が主張していた金額と、実際の和解額まで減額した分の何パーセントかを報酬として弁護士司法書士が受け取ります。

相場としては10%程度が多いです。

たとえば50万円を請求されていた場合に、30万円ま総債務額を落として和解をした場合には、20万円が減額されているので、20万円の10%である2万円が報酬となります。

裁判になった場合

なんらかの拍子に裁判になってしまった場合には、裁判に出廷してもらった事に対する費用が発生します。

弁護士司法書士が裁判所に1回出向くごとにいくら+交通費などが発生します。

ここには相場がありませんので、裁判になりそうかどうか弁護士司法書士と相談した上で納得いくようにして契約をしましょう。

自己破産手続きの場合

自己破産は次の2つのいずれの手続きになるかによって、事後の処理が変わってきます。

同時廃止手続きの場合

同時廃止という簡単な手続きで終わらせる場合には、約10万円~40万円程度弁護士司法書士に対する費用の負担ですみます。

少額管財手続きの場合

破産管財人という裁判所から選任される人がつく、正式な破産申立手続きをする場合には、上記の費用の負担以外に、破産管財人に支払う20万円程度の費用の負担が必要になります。

訴訟を起こされた場合

自己破産申立中に訴訟を起こされた場合には、任意整理の場合と同じく裁判所に行ってもらう費用と交通費の負担をしなければなりません。

個人再生手続きの場合

個人再生手続きを行った場合には、住宅ローンがあるかないかで、10万~50万円程度の費用の支払いが必要となります。

高い安い…はホームページだけで判断していい?

一度実際には問い合わせてみる事をお勧めします。

昨今債務整理に関するホームページの記載についてのニュースがとりだたされています。

不当な記載をして顧客を抱えようとするケースが後をたちません。

そのため、一度は問い合わせをしてみるべきです。

債務整理について、きちんと処理を行っているところは、明確な報酬基準を誰が答えても同じになるようにしてあるので、事前に答えてもらえます。

これが、「事件にもよるのでなんとも…まずは一回無料相談にきてみてください」というのでは、上手く面談で丸め込もうとしている可能性もあります。

弁護士司法書士に支払う費用が安ければよい…というわけでもない

弁護士司法書士に対する費用が安ければそれはそれでありがたい…というのは当然です。

しかし弁護士司法書士あるいは法律事務所自体が司法書士事務所自体が債務整理を得意としているかどうかで、あなたの債務整理案件がどのような結末になるか変わってくると考えております。

要するに、ケガをしている場合には外科の病院に行くのが普通で、内科の病院にはいかないですよね?というのと同じです。

弁護士司法書士も取り扱い分野や専門分野をきちんとホームページやチラシに掲示してよい事になっておりますので、そちらに掲示をする形になります。

まとめ

このページでは、債務整理において弁護士司法書士に対して発生する報酬の内容と相場、報酬への考え方について御伝えいたしました。

債務整理専門の事務所は報酬を通常固定しており、法律事務所・司法書士事務所の諸君さん受付窓口でも教えてもらえます。

いかに「安い」ところを選ぶか…という事よりいかに「明確か」という観点から事務所を選ぶのがよいでしょう。



あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す


北海道・東北
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県群馬県栃木県

北陸・甲信越
新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県

東海
岐阜県愛知県三重県

近畿
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

中国・四国
鳥取県岡山県広島県山口県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄
福岡県佐賀県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県


このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る