Q:
私は500万円の債務を抱えており、債務整理を考えています。

実は借金はこれだけではなくて、他にも住宅ローンがあるので自己破産は希望せず、任意整理個人再生を考えています。

勝手なお話しで申し訳ないのですが、私に万が一の事があった時のために生命保険もかけており、これも残したい希望があります。

この個人再生を利用した場合には生命保険の解約が必要であるという風に聞きましたので、任意整理をしたいのですが、できるでしょうか?

A:

500万円の負債を支払い切れる家計の状況かどうかを判断する必要があります。

もし、難しいようであれば個人再生の利用を検討していただく必要があります。

しかし個人再生で生命保険を解約しなければならない…という点は誤りで、生命保険は解約しなくても良いです。

生命保険がある場合の債務整理手続き

生命保険がある場合には債務整理手続きをするにあたって考慮が必要になります。

保険って何だ?

保険は基本的には「なにか事故があったらお金を払います」という、契約者と保険会社との間の契約です。

契約者は一定の料金を支払う事によって、ある事態に陥ったときに保険会社からお金を払ってもらえるのが契約のベースです。

金融資産としての保険

保険のベースは「なにか事故があったらお金を払います」という契約なのですが、これに付随して資産形成をする役割があります。

たとえば、生命保険の場合には「満期までに事故がおきれば保険金を、満期までに生存していれば積立金として」お金を払うようなタイプがあります。

このような場合、単純な事故に備えての保証という側面だけではなく、「資産をもっている」という認定ができるため、裁判所の決定をもらう自己破産個人再生といった手続きでは影響がでます。

自己破産をする場合の生命保険への影響

自己破産手続きをとる場合に、一番生命保険は影響を受けます。

受け持ちの裁判所によっていくらから資産と認定するか変わるものの、「資産あり」と認定されると保険を解約するか、それ相応の積立を行うことが要求されることになります。

任意整理をする場合の生命保険への影響

任意整理はあなた(その代理人である弁護士司法書士)と、貸金業者との間で任意の和解をするだけなので、生命保険への影響はありません。

個人再生をする場合の生命保険への影響

法的な手続きである個人再生の場合にも自己破産手続きと同様に手続きへの影響はあります。

個人再生は、債務額を約1/5に圧縮してくれます。

しかし、もし自己破産した場合には資産として認定される金額については支払ってくださいという「清算価値保証」という原則があります。

そのため資産である生命保険がある場合には、最低弁済額が変わる可能性があるのです。

生命保険がある場合の債務整理手続きの選択基準

生命保険がある場合にはどの債務整理手続きを選ぶか…という判断方法は下記のように行います。

まずは、債務額の確定と払う能力の確定

「生命保険があるから◯◯手続きを取る」という債務整理の方法は普通にはしません。

債務整理自己破産以外の場合には手続きが終わったあとには支払いをしなければならないのです。

ですので、何の手続きを取るかはまず「支払うべき金額がいくら」なのかと「支払える金額がいくらなのか」を正確に把握するところからはじまります。

債務の総額は調査によって減額する可能性がありますので相談の時点ではわかりませんのでいったん今の総額で判断をします。

36回という数字は、業者が任意整理をする場合に分割支払いに応じる期間の標準で、だいたい3年の分割が目安になります。

たとえば冒頭の質問者様のケースのように、債務総額が500万円なのであれば、それを36回で支払うことができるのか?という判断をします。

家計の収支状況を把握した上で「500万円÷36回」=約14万円の支払いをできるのかどうかをジャッジします。

払える場合であれば任意整理・払えない場合には法的手続きを検討します。

自己破産個人再生かの判断

自己破産手続きにするのか、個人再生手続きにするのかは、さらにもう一度判断が必要です。

個人再生手続きにする場合には債務額の約1/5を、36回の分割で支払えるようにしなくてはなりません。

ぴったり500万円なら1/5の100万円を36回分割だと3万程度です。

この支払いすらできないのであれば、自己破産手続きを取らざるを得ません。

個人再生をする場合にあたって生命保険はどう扱われるか

以上のような判断方法により債務整理の方針が個人再生と決まった場合において、生命保険は次のように扱われます。

積み立てのタイプのものは資産として扱われる

保険もすべての保険が資産の対象となるわけではありません。

自動車保険や生命保険の中でも「かけ捨て」型のタイプの保険は金融資産ではないので、資産とならないのです。

資産は最低弁済額に加算される

上述のように、個人再生では借金の総額を1/5程度にしてくれるのですが、もし破産手続きをしたならいくら残ったのか?という計算をして、その金額を上回るような場合には最低弁済額を調整する、「清算価値保証」という制度があります。

そのため生命保険が「資産」として認定されるかによって、いくら支払えばよいのか?というのが替わってきます。

私の場合いくらになるのか?

これはあなたの受け持ちをしてくれる裁判所の運用次第ですのでわかりません。

債務整理専門の弁護士に相談してみるのが一番早い方法です。

個人再生をすると生命保険に加入できなくなる?

中には個人再生をすると生命保険への加入ができなくなる…と思い込んでいる方もいらっしゃいます。

しかし

まとめ

このページでは個人再生と生命保険の問題について情報をお伝えしました。

結局のところはあなたがどのような保険のタイプなのか、契約者貸付をしているか、などによって分かれてきます。

是非債務整理専門の弁護士司法書士に相談するようにしましょう。



あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す


北海道・東北
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県群馬県栃木県

北陸・甲信越
新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県

東海
岐阜県愛知県三重県

近畿
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

中国・四国
鳥取県岡山県広島県山口県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄
福岡県佐賀県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県


このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る