いざ債務整理をしようと思ったとしても、

  • どうやって相談場所を見つけるの?
  • どんな準備をすれば良いの?
  • どういう流れで進むの?

といった事が気になりませんか?

このページでは、債務整理の相談をしたい場合の方法・どんな準備をすればよいか、どんな流れで進むのか?といった事についてお伝えいたします。

債務整理の相談をする方法

債務整理の相談を弁護士・司法書士とするにはどのようにすればよいでしょうか?

まずは電話で弁護士・司法書士の予約をする

債務整理の相談を弁護士・司法書士にしたい場合には、事務所に電話で予約をする必要があります。

弁護士・司法書士といった専門家は普段は裁判所や法務局、顧客の対応のために外に居る事も多いです。

そのため、事務員やパラリーガルと呼ばれる人に電話の番をまかせています。

「ちょっと聞きたいんだけど…」という程度の一般的な質問であれば、事務員やパラリーガルと呼ばれる人が返答する事になるのが通常です。

法律事務所・司法書士事務所に行く場合でも、市区町村や法テラスなど公共の相談場所に行く場合でもまずは電話で予約をする必要があります。

予約をするときに、自己破産・個人再生・任意整理などの手続きを指定する必要はない

債務整理には、自己破産・個人再生・任意整理などの手続きがあります。

予約をするときに、どの手続きをします!という意思を固めて予約をしなければならないか?というと、そのような事はありません。

例えば、同じ300万円の借金があるとして、収入が20万の人と収入が30万の人で取るべき手続きが違います。

ですので、「借金の返済がしんどいので何とかしたい」という漠然とした状態でも相談をする事は可能です。

債務整理の相談は弁護士・司法書士にする

債務整理の専門家は弁護士・司法書士(認定司法書士)です。

たとえば税金を滞納しているから税理士に、相続に関わった債務だから行政書士に、お金の事だからFPに、という疑問もないわけではありません。

しかし、税理士・行政書士・FPは弁護士法という法律により債務整理の事務に携わる事ができません。

債務整理を合法的に依頼をうけてできるのは、弁護士・司法書士のみである事に注意をしましょう。

今すぐにでも相談をしたいという場合には広告を出している弁護士・司法書士を

借金の問題はなかなか人に話づらく、督促が酷い状態になって腰をあげたものの、実際には今すぐにでも動かなければならない!という場合があります。

無料で相談したいために、法テラスや弁護士会や市区町村などの無料相談を使いたいのはやまやまですが、このような場合には広告を出している弁護士・司法書士に相談しましょう。

しっかり広告を出している弁護士・司法書士は借金問題の専門家として、急いで手当をするための方法をしっており、土日・夜間でも対応してくれる可能性が他界からです。

債務整理の相談の準備

では債務整理の相談の準備をしましょう。

債務整理の相談で何を確認するか

債務整理の相談の準備において、どんな事を確認するのかを知っておきましょう。

債務整理の相談では、

  • 借金がどれくらいあるのか・どんな借金があるのか
  • 返済のために回せるお金がどれくらいあるのか
  • どのような望みがあるのか

というような順番でお話しをします。

借金がどれくらいあるのか・どんな借金があるのかについて説明する準備をする

債務整理の相談の最初に行うのは、借金がいくらくらいあるのか?・どんな借金があるのかという事です。

相談の時点では、1円単位まで正確に言う必要はありません。

実際に相談をする人のほとんどは、借金額を正確に答えられない事が多いです。

ですので、だいたいの金額を答えられるようにしておきましょう。

たとえば、50万円の限度額一杯まで借入をして、新たな借入をできなくなって、半年くらい払っている場合には、その会社には45万くらいの借金があると推測できます。

ですのでこの場合はA社に45万円くらい…という伝え方でOKです。

どんな借金であるのか?については、以下のような事がきかれます。

まず、どこから借入をしているかです。

大手の消費者金融のように交渉のしやすいところなのか、小規模な会社や商工ローンなど交渉のしづらい所なのか?といった事を考慮する必要があるからです。

次に、いつから借入をしているかです。

借入期間が長期にわたっているような場合には、過払い金というものがあり、借金の総額が減ったり、取り戻したりする事ができる可能性があるからです。

あとは、抵当権や保証人の有無です。

借入にあたって、抵当権(土地を担保にお金を借りる)や連帯保証人がいないかどうかについては、どのような手続きが最適かを判断する重要なファクターなので聞かれます。

返済のために回せるお金(原資)がどのくらいあるのか

借金の総額が確定できれば、次にその借金額に対して、どのくらいの支払いができるかを検討する事になります。

借金の返済が難しくなっている頃には、借金の返済にすべての神経が集中されているため、家計の状況を全く把握していない事が多いです。

ですので、収入がいくらあるか、食費・家賃などの生活費の負担がいくらあるか(ここでは消費者金融などの貸金業者への返済は入れません)、という事を簡単に良いので紙にまとめるなどしておきましょう。

収入から生活に必要な支出を引いた金額は、債務整理のために使う事ができるお金ということができます(債務整理用語では原資といいます)。

たとえば、25万円の収入を得ている人が、家賃8万円、月の食費5万円、水道高熱費3万円、スマホ代1万円、その他雑多な支出に1万円使うとしましょう。

すると、すべてを合計した18万円が生活費など必要な支出にまわされ、残った7万円程度は債務整理の費用として使う事ができる、という判断がつきます。

弁護士・司法書士といった専門家は、借金の総額・返済のために使える支出を軸に債務整理の方向性を決めます。

どのような手続き等の希望があるか

債務整理は相談に来た人に一方的に「あなたは自己破産です。」「あなたは任意整理です。」と決めつけるものでありません。

借金の支払いが苦しいとして、どのようにしたいか?という希望を伝えて知ってもらう事も債務整理手続きでは重要になります。

私は、借金の支払いをこれ以上続けるのは体力的に厳しいので、もう自己破産にしてほしい、といった、どの手続きを利用したいか?という希望でもかまいません。

また、今は債務整理をせざるを得ないけど、「なるべく早くもう一度ローンが組めるようになって、住宅ローンを組んで家・土地を買いたいというような」将来に関する希望を伝える形でもかまいません;

債務整理の流れ

では債務整理がどのように進んでいくかについて見てみましょう。

まずは法律相談の予約をする

債務整理はまず電話で弁護士・司法書士の予約をする必要があります。

電話には事務員さん、パラリーガルさんが出てくれますので、債務整理・借金問題に関する予約を希望する旨を伝えて予約をしましょう。

基本的には、弁護士・司法書士が自分の事務所に居る時を指定してくれます。

地方出張などで、事務所外で予約する事もできます。

匿名で予約する事も事務所によっては可能ですが、予約した日にあなたと連絡が取れなくなって時のために、電話番号を聞かれる事はあります。

法律相談の予約をした日に出向く

法律相談の予約をした日に、相談場所に出向いて弁護士に質問をします。

最初の借金についてと収入についてまとめる作業は、事務員さんやパラリーガルさんがお話しを聞く可能性も高いですが、情報をまとめるだけなので違法ではありません。

相談では弁護士・司法書士や事務員・パラリーガルが質問してくれますので、それに答える形で債務整理に必要な情報を整理するように進みます。

弁護士・司法書士と話す

事務員・パラリーガルが状況をまとめると、弁護士・司法書士がそのまとめた状況をもとに、あなたの相談を受け持つ事になります。

弁護士・司法書士はあなたの希望を聞き取った上で、あなたにあった債務整理方法について伝えてくれます。

この時に、他の弁護士・司法書士にも話をききたい、とその場で申込をする必要はありません。

もしあなたが納得いかないのであれば、契約は保留にして他の事務所の判断を見てみる事も正当に認められる事です。

契約をする

相談内容になっとくがいけば、弁護士・司法書士と契約をして、債務整理が始まります。

まとめ

このページでは、債務整理の相談方法等についてお伝えしてきました。

弁護士や司法書士といった人に法律相談をするような機会は一生に一度あるかないか…というものです。

それゆえに、一方的に契約をむすばされるのではないかどのように物事が進むのか不安かもしれませんが、ほとんどのケースでこのページにかかれたような方法で進みます。

ぜひ相談までの流れをしっかり把握して、相談をしてみてください。

債務整理に関する情報を探す

はじめてこのページにくる方へ

債務整理全般について

任意整理について

自己破産について

個人再生について

もっといろんな情報を手にいれたい


あなたの地域に対応しています!

当サイトお勧めの専門家

ウイズユー司法書士事務所
任意整理の対応で有名な司法書士事務所です。
自己破産・個人再生・特定調停といった裁判所を使う手続きは嫌だ!という方はまず相談してみると良いでしょう。



司法書士法人杉山事務所
過払い金請求に定評のある司法書士事務所です。
自分の払っていた利息は高すぎたんじゃないか?という時にはまず相談をしてみたい事務所です。



弁護士法人サンク法律事務所
任意整理・自己破産・個人再生など債務整理においてはジャンルを問わず強い弁護士事務所です。


都道府県別債務整理の専門家(弁護士・司法書士)を探す

北海道・東北

北海道青森秋田山形岩手宮城福島

関東

東京神奈川埼玉千葉茨城|栃木群馬

中部

愛知岐阜静岡三重新潟山梨長野石川富山福井

関西

大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山

中国・四国

岡山広島鳥取島根山口香川徳島愛媛高知

九州・沖縄

福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄


「債務整理の専門家を探そう」に関するお問合せはこちらをクリック